ある雑誌などに、載っていた場合のケースに寄れば、過払い金を請求したところ、数100万円が戻ってきたというような話が載っていたり、家が建築できるぐらいのお金が戻ってきたというような、やや怪しいようなケースも聞かれるわけですが、基本的には過払い金を法律に基づいて請求することができれば、十分にお金をえられるという点からおいてもおすすめだと言えるでしょう。ただし、過払い金を請求したことで、自分自身の信用情報などに傷がついてしまうということを恐れる人は相当に多く、このようなことが心理的な負担となってほとんど過払い金の請求をしないまま過ごしている人も多いかもしれませんが、確かに過払い金を請求することと自分自身の信用情報のどちらが大事かということは今後の人生を考える上でも大きな分岐点となりますし、一概にどちらが正しいとも言えないということは残念ながらあるかもしれません。自分自身の信用情報が本当に傷ついてしまうようなことがあれば、落ち着いてクレジットキャッシング生活を送ることができないじゃないかという風に考える人もいるでしょう。さらに考えれば、クレジットカードのキャッシングによって何とか生活を保っているという人も少なからずいるでしょうし、そのように考えればクレジットカードによる返済が様々な代金を支払われるために用いられていることがまさに生活の支えとなっている一面があるということは、確実に言えるのではないかと考えられます。残念ながら過払い金請求を行ったことでこのような状況にもかかわらずカードをストップされてしまうような事態になってしまえば、生活を大きく左右する事態にもなりかねないという風に言えるでしょう。