過払い金の請求に成功したとして、全ての過払い金が返ってきた場合に、その後その請求を行った過払い金などがデメリットという風に捉えられてしまい、消費者金融が使えなくなってしまう恐れがあるのではないかという風に考えて、これを非常に不安視する声が高まっているということも、事実ではあります。生活水準が向上して誰でも自分の収入以上のもの前借りするような形で買うことができるようになったという風に言われることもある現代においては、とにかくお金を借りやすくなったということは言えるかもしれませんが、このような過払い金の返済後の不安についても、解決しておくことが重要だということは言うまでもなく、言えるのではないかと考えられます。基本的には、過払い金を取り戻したとしてもその会社のクレジットカードが使えなくなってしまうことはないという風に言えるかもしれませんが、残念ながらクレジットカード会社の間で共有している信用機関の情報などでは、この人は過払い金の請求を行いました、というような履歴が残ってしまうということはあるわけで、借りる際にこのようなことを窓口で行ってくるような担当者もいるという風に聞いたことがあるような気がしますが、実際にお金を借りるサイズの我々から考えてみれば、非常に強い圧力を感じるのも無理はないという風に言えるかもしれません。とにかく、過払い金の請求を何度も行ったからといって債務者として大きなデメリットになるということは、まず考えにくいと言えるかもしれませんし、社会的に不利になるという状況も考えられなくもないわけですが、印象が良くないということは、確かに言えるのではないかと考えられます。このような状況を避けるためには、記録に残らないような形で過払い金の返済を申し出ることが重要となってきているのは言えるかもしれません。そのような場合には借りている金額を全て返して債務がゼロになったような状態のまま過払い金の申請を行うことで、記録に残らず請求を行うことができるわけです。このようにすればおよそ2週間後にはお金も戻ってくるという風に言われるケースもあるようですし、おすすめの方法であるという風に言っていいでしょう。