過払い金と呼ばれるものは、金利の差を利用したことで儲けを得ることができるようになってしまったがために、消費者金融の爆発的な増加を誘発したなどと、いう風にも言われることはあるわけですが、最近ではフレーズをしっかりと取り締まる動きも出ているためきちんと法律に基づいて請求をすることができれば、ほとんど満額が帰ってくるという風に言われることも多いものとなってきたようにも感じられます。過払い金という考え方がきちんと広まったのは、2006年頃であると考えるとするならば、それ以前は、過払い金があったとしても、十分に法律に従って過払い金を取り戻すということは、できなくなってしまっているという点は、非常に難しいかもしれません、特に、複数の金融機関から多くの金額を借りている場合などであれば、無視できない金額が帰ってくる場合もあるため、調べてみるのが何よりも最善であるという風に言えるかもしれません。自分自身がいくら借りているのかということや、金利がいくらぐらいなのか、ということは、お金に困っている時は案外忘れてしまいがちで、借りた後に高い金利に気づいても、泣き寝入りするしかないというような状況に陥っている人も多いかもしれませんし、自分自身がきちんと管理する範囲でお金を借りるということが、まず、何よりも重要であるということは、決して忘れてはならないポイントであるという風に言えるのではないかと思います。