クレジットカードに関して言えば、時効というものが存在しており返済を終了した時点から10年後までに請求をしなかった場合には会社に過払い金を支払うという義務がなくなってしまうケースがあるため、十分に記憶をしておかなければならない点は注意が必要だという風に言えるかもしれません。長く、クレジットカードを使っていたとして、まとめて過払い金を請求したとしても民事訴訟の時効が成立してしまっていれば一切請求することはできなくなってしまうため、このような場合ですと、裁判を起こしても過払い金を請求することはできませんし、高額のグレーゾーン金利について請求をすることもできなくなってしまうということは、一つ注意をしておくべきことだという風に言えるかもしれません。確かに一般的に言われているように長い期間利用すれば利用するほど、過払い金は増えていくわけですし、戻ってくる金額も多くなってくるわけですから、時効というものを重要に考えていくということが言えるかもしれません。キャッシングカードを頻繁に利用する人などは一つの消費者金融だけではなくて、複数の消費者金融からお金を借りているケースが多いため、断念から過払い金が存在するのかということを自分自身が全くわからないままキャッシングをし続けているという人も少なくないというふうに聞いたことがあるような気がします。このような場合には、過払い金の時効をほとんど見過ごしたまま進んでしまうようなケースもあるため注意をしておくことが重要だと言えるでしょう。最もおすすめの手段としては、借りた月から逆算して時効が何時頃になるのか言うことをきちんと考えておくということがおすすめの方法であるという風に言えるかと思われます。